◆2012/11/23 ダイヤモンド褒賞を受章いたしました

当社の代表、和仁松男は、2012年11月22日に開催された米・食味分析鑑定コンクールにおいて、ダイヤモンド褒賞を受賞し、同時に名稲会(めいとうかい)の8人目の会員になりました。

※名稲会の入会条件: 米・食味分析鑑定コンクールにおいて、5年連続で最終選考にノミネートされ、尚且つ過去5回入賞のうち金賞3回以上 (参考: wikipedia  名稲会

20121123-171614.jpg
名稲会の証、グリーンジャケットを着て、登壇しています。
写真中央右側に立っているのが、当社の代表 和仁松男です。

表彰当日は、会場の長野県木島平へ、社員一同に広報担当スタッフを加えた全員で訪れ、皆で喜びを分かち合いました。

20121123-171843.jpg
今年は3900点を越えるエントリーがあったそうです。
(あいにく、名稲会の会員になると、コンクール受賞の資格を失います。当農園が今年出品したお米は、予選では上位3位に入っていましたので、少々残念ですが仕方がないところですね。)

夜には懇親会が盛大に開かれました。


このような大きなコンクールで大変栄誉ある賞を頂いたことに、改めて驚きと感動を覚えました。

本当に体に良くて、とびきり美味しいお米を作り、皆さんの食卓に感動を届けたいという思いを、スタッフ一同で共有して頑張ってまいりました。大変なこともたくさん有りましたが、今回の受賞は、それらが全部吹き飛んでしまうほどの、大変嬉しい受賞となりました。

名稲会の名に恥じぬよう、これからも「皆さんの食卓に感動を届けたい」という思いを常に心に置き、ブレることなくこれまで以上に美味しいお米作りに励んで参りたいと思います。

■関連するページ:  お知らせ