◆「種もみ」にこだわる。

あまり他では聞いたことがない取組みかも知れませんが、
「種もみ」にとことんこだわっています。

米も他の植物と同様に、交配が進むと少しずつ種が変化していきます。今年おいしい米が獲れたからといって、来年もおいしい米が獲れるとは限らないと考えています。

和仁農園では、おいしい種を存続するための取り組みに力を入れています。

また、使用する「種もみ」の選別も慎重に行っています。
実際に苗になるのは、バケツ一杯の種もみから、わずか一握り程の種もみのみ。

文字どおり、本当に厳選された「種もみ」のみが苗になるのです。

■関連するページ:  和仁農園のお米