◆ミネラルたっぷりの水—北アルプスからの清冽な水が田を潤す。

おいしいお米作りには、美しい水が必要です。
北アルプスからの清冽でミネラルをたっぷり含んだ水が、田を潤してくれます。

もちろん、ただ良い水があれば美味しいお米が獲れるわけではありません。こまめな水の管理もまた大切な仕事です。

田植え後は、夜間や早朝に水を入れ、
昼間は止水することにより、水温を上昇させて、
稲の根付きや成長を促したり、
平均気温が高めの夏は水を浅くし、
低温が予想されるときには水を深くするなど、
細かく丁寧に水の管理を行うこともまた重要なことです。

■関連するページ:  和仁農園のお米