環境への取り組み

◆2010/09/16 子どもたちの感性で上宝町の環境保全を目指す~「ホタルの里の環境調査」

和仁農園の本社のある、岐阜県高山市上宝見座地内は、
数年前より6月下旬から7月上旬にかけて
無数のゲンジボタルが群生し、
地域住民や訪れる人々に美しい情景を見せてくれます。

当地区では、奥飛騨温泉郷の温泉街から出る生ゴミを
畜ふんやおからなどと共に有機たい肥として処理し、
田畑に投入することで有効活用するなど、
地域社会全体が一丸となって、環境を保護すると同時に、
「循環型社会の構築」をも目指しています。
このような、地域住民、企業の日々の細やかな努力が実を結び、
ゲンジボタルが棲息する美しい環境が守られているのです。

そういった実態を、地域の子どもたちに知ってもらい、
自然環境の大切さを認識し、保全する運動につなげようと、
2010年9月16日、「ホタルの里の環境調査」を実施。
上宝町・本郷小学校の5年生11名が来園しました。

環境分析のプロである、神岡衛生社の研究員の方の指導のもと、
11名の小学生の皆さんが、上宝見座地内の「洞谷」と呼ばれる谷と、
和仁農園本社の裏手を流れる「高原川」の水質調査を行いました。

続きを読む …≫

◆2010/08/11 中学生の農業体験 ~農業の楽しさと有機栽培を学ぶ~

2010年8月2日から5日の4日間、和仁農園で3名の中学生が、
職場体験学習として、農業体験を行いました。
参加してくれたのは、北稜中学校2年生の
川上千尋さん、前田隼さん、谷村美紅さんの3名。

自然環境豊かな奥飛騨上宝町見座地区内で、
「環境を守りながらの農業とは」「自然環境の大切さとは」
「故郷を守ることとは」などを考えていただく機会になれば、と思い、
今回の体験学習を実施しました。

続きを読む …≫

◆環境への取り組み

◆地域循環システムを取り入れた和仁農園の新エコロジー農法

和仁農園が目指すのは、ここ奥飛騨という緑豊かな地域の環境を、
昔ながらのまま守っていくことでもあります。
そのための地域循環システムの構築には、最大限、心を砕いています。

私たちの農園で使われる肥料は、同地域にある温泉街から出された、生ゴミ、おからなどの
有機物質に、畜糞、米ぬかなどを混ぜるなどして作った、独自の堆肥です。

こうした有機系肥料を使うことで、いま、もっとも関心の高い「食の安全」を確実に確保しつつ、
自然にも決して負担をかけない農法の構築に尽力してきました。
いうなれば、おいしいお米は、そうした取り組みの副産物にしか過ぎないかもしれません。

和仁農園では、こうした「新エコロジー農法」への取り組みをひとつのきっかけとして、地域と都市部とを橋渡しし、双方のコミュニケーションを活発にしたい、と考えました。和仁農園では、地域と一体となり、さまざまなアイデアを具現化していく予定ですが、
そのひとつの答えとして、「田んぼふれあい制度」というアイデアが生まれたのです。